体の中からキレイになれる?美容にいい食べ物TOP3

肌トラブルには、健康的な食生活が大切?

毎日きちんとケアをしていても「肌が荒れてしまった」という時がありますよね。そのような場合は、日々の食生活や生活習慣を見直してみましょう。栄養が偏ると、肌トラブルも起こりがちです。今回は体の中からキレイになれる食べ物をご紹介します。

第3位「柑橘系の果物」

レモンやみかんなどの柑橘類には、多くのビタミンCが含まれています。ビタミンCは「肌の炎症を抑える効果がある」と言われ、化粧品にも配合されている成分です。例えば、肌が日焼けしてしまうのは炎症している状態だから。このような時には柑橘系のフルーツが有効でしょう。日焼けは患部を冷やすだけでなく、体の内側から治すことも大切なポイントです。

第2位「人参などの根菜類」

根菜類は食物繊維を多く含み、便通を良くすると言います。近年の研究では「腸内環境の改善が、肌の調子を良くする効果がある」というデータもあるようです。特にビタミンAが豊富な人参は、抗酸化作用を持っているため「シワ対策」にもなるのだとか。また、便通を改善する根菜類は、ダイエットにもおすすめです。ダイエット中で「肌荒れを良くしたい」という人にも適しています。

第1位「納豆などの発酵食品」

納豆などの発酵食品にも、腸内環境を改善する効果があるようです。納豆の場合、大豆に含まれる「イソフラボン」も美容に良いとされています。イソフラボンはホルモンバランスを整える役割もあるため、生理前などの肌荒れにも効果的でしょう。毎日納豆を食べる代わりに、味噌汁を摂取する人も多いようです。無理のない範囲で「美容効果のある食品」を取り入れられると良いですね。

品川美容外科の起訴まとめサイト