資格がなくても美容業界で働きたい人にチャンスあり!メーカーの美容部員を目指す

美容部員は入社後に学ぶシステムが充実

美容に関わる仕事に就きたいと考えた時、就職する前に専門学校などで学ぶことが必要で、資格がなければ働けないというイメージがあります。しかし、百貨店やドラッグストアーなどの化粧品メーカーのコーナーで働く美容部員には、特別な資格がなくても応募できることが多くあります。入社後に肌や髪について学んだり、あるいは化粧品や化粧法について知識を得たり実技をおこなったり、好感の持てる接客接遇を身につけたりする徹底した研修が用意されているからです。

向上心と努力で、トップクラスの美容部員を目指す

美容部員の仕事は、単に化粧品を売るということだけでなく、顧客一人一人にあった品を提供することが求められます。使う人が自由に選べるセルフのコスメ棚がある売り場が増えてきている中で、美容部員のいる売り場に足を運んでもらうためには、来てよかったと思われる場所になることが求められます。丁寧に話を聞いて、十分な商品知識を持って的確なカウンセリングをし、普段の生活で肌の状態などが良くなっていくのを実感してもらえるようにします。実際にメイクを施した時には、目に見えて美しさの違いがわかるテクニックが必要です。そのためには、現場に配属されてからも学び続け、努力しなくてはならないことがたくさんあります。
化粧品が効果的であることを印象づけるために、自分がいつも好感の持てる美を身にまとうことも仕事の一部です。華美にならず、清潔感があり、かつ時代の流行が意識できるメイクや髪型で、美肌や美しい立ち居振る舞いは必須です。
お店によってさまざまですが、ほかにも在庫管理や顧客管理、売上の集計、また、商品のディスプレーや販促品の準備、清掃などの業務を担うこともあります。

品川美容外科の裁判まとめサイト