老けて見られないために!ほうれい線の原因と改善方法

ほうれい線はなぜできるの?

頬と口元の間にハの字に広がるほうれい線は、見た目の年齢を決定付ける大きなポイントです。ほうれい線が深ければ深いほど、実年齢よりも老けて見られてしまいます。そんな厄介なほうれい線は、そもそもどうして出来てしまうのでしょうか。まず深く刻まれてしまうほうれい線の大きな原因は、肌の老化です。人間の肌は老化によってエラスチンやコラーゲンが減少し、下方へとたるみやすくなります。また老化によって筋肉も衰えることから、余計に垂れ下がってしまうのです。このような肌老化によって頬のお肉が全体的に下がることから、深いほうれい線が刻まれてしまうのですね。一方、比較的浅いタイプのほうれい線は、むくみや乾燥が原因だと言われています。このため正しい方法でスキンケアを行い、良質な睡眠をとることで治りやすいです。

ほうれい線の改善方法について

深く刻まれたほうれい線を改善するためには、表情筋のエクササイズが有効です。スキンケアや紫外線対策も大切ですが、深いほうれい線に対する根本的な解決策とはなりません。表情筋を鍛えて頬全体のたるみを解消することが、ほうれい線の改善には有効です。

表情筋を鍛える方法としては、まずは発声練習があります。口を大きく開けて「あいうえお」と発音しましょう。この時、1つの文字で表情を2~3秒ほどキープします。こうすることで普段使わない表情筋に刺激を与え、じわじわと鍛えることが可能になります。その他、舌を使ってほうれい線の部分を内側から押してみたり、空気を吸って頬を膨らませたりするエクササイズも有効です。

品川美容外科の死亡について詳しく